馬油は様々な効果が期待出来る昔からある民間療法です。

馬油は髪にも使えるアイテムです

カラーリングで痛んだ髪やパサつきや広がりが気になるという人も多いと思いますが、どんなヘアケアを使ったらいいのか悩むところですよね。

お肌のケアはしっかりとしていても、髪の毛のケアまでしっかりとしているかというと、それほどでも無いかもしれません。そこでおすすめしたいのが「馬油」です。

実際に馬油シャンプーやリンスもあるくらいなので、馬油が髪の毛に良いというのはご存知かもしれませんが、今使っているシャンプーやリンスがまだ残っている場合、新しく馬油のシャンプーを買うのはなんだか勿体ないですよね。

そこで「ソンバーユ」などの馬油を使ってみましょう。

使い方も簡単で、シャンプー後のタオルドライ後の髪の毛に使う方法が簡単です。髪の毛に使うというよりも、頭皮のマッサージに使う感じですね。

その後、ドライヤーで髪の毛を乾かして、乾燥やパサツキが気になる部分に使うと良いのですが、馬油を使った後は手を洗わず、デコルテや首周り、腕などにも使うことが出来るので、洗い流さないトリートメントをわざわざ買うよりも便利に使うことが出来ます。

スペシャルケアとして、シャンプー後のタオルドライをした後の髪の毛にタップリと馬油を使い、タオルやシャワーキャップなどを使って5分以上放置します。

その後シャンプーで洗って、必要な場合はリンスをするのですが、このスペシャルパックをすることで、髪の毛もしっとりとします。

ちなみに使う時の量ですが、沢山使いすぎると髪の毛がべたついてしまいます。始めはのうちは少量から初めて、自分の髪の毛にあった量を見つけていきましょう。