馬油は様々な効果が期待出来る昔からある民間療法です。

日焼け後のお手入れには馬油もおすすめですよ

日焼け後のお肌にも馬油が使えるということをご存知でしょうか?ウッカリ日焼けをしてしまった時はもちろんです、日焼け後の火照ったお肌にも使えるので便利です。

馬油は火傷にも使うことが出来るアイテムなのですが、日焼けもいわゆる「火傷」です。

お肌が火照ったりヒリヒリとした痛みがあるような日焼けの場合、馬油を塗ることで炎症を抑えることが出来ます。

もちろん、馬油を塗ったからといってすぐに炎症が治まるわけではないのですが、馬油を塗ることでお肌に油分を与えられます。

日焼け後のお肌というのは水分などもなくなっている状態なので、乾燥してしまっているので、馬油で油分を補うことも大切です。

さて、日焼け後のお肌に馬油を使う場合ですが、まずは水や火照りを抑えてくれるような化粧水を使ってお肌を冷やします。

その後、日焼けをした場所に馬油をタップリと塗ってください。

馬油を塗ると血行が良くなるので、塗った後にお肌が火照るような感覚がある場合もありますが、その後は火照りも無くなり、ヒリヒリとした感覚もなくなってくるので大丈夫です。

初めて馬油を使う場合ですが日焼けをしたお肌に使う前に、日焼けをしていないお肌でパッチテストをしてくださいね。

お肌の浸透率もよく、アトピーや敏感肌の人でも使うことが出来るとてもお肌に優しいものなのですが、中にはお肌に合わないという人もいます。

普段よりも敏感で刺激に弱くなっているお肌に使うと、トラブルが起きてしまうケースもあるようなので、まずは自分に合っているかどうかを確認してくださいね。